台湾への女子旅観光レポ・行ってきた見てきた旅行記

 

会社の友達と有給休暇を取って台湾旅行に行こうと考えていました。私は何度か海外旅行をしたことがありますが、まだアジアは行ったことありませんでした。現在アジアが注目されていますが、距離的にも一番近いところになるだけでなく、日本との関係もうまくいっている国ですので、あえて台湾を選びました。

 

台湾への女子旅・九份へ

 

友達3人の女子旅で決定しましたが、事前に観光をする場合は、どこを選んだらよいのかよくわかりませんので、まずはインターネットなどで調べることにしました。その結果私たちが最初に向かったところは、九份(きゅうふん)と呼ばれるところです。

 

ここは、アニメ映画のモデルになった場所で、日本人客も多いことから安心して行くことができると思いました。私たちは九份にあるカフェのようなところに入ることにしました。昼間に行きましたが、高台にあり周りの景色がきれいだったのを記憶しています。

 

日本に近いような景色ですが、建物を見るとやはりこれぞ台湾といった景色なのかもしれません。そこのお店で頼んだのは、お菓子セットです。これは、複数のお菓子がついた紅茶のセットになります。

 

価格は1000円ほどになりましたが、後から考えれば、台湾の物価からすると少し高かったかもしれません。ですが、日本では食べられないような雰囲気で甘いお菓子を食べることができたので特に後悔はありません。

 

台湾の夜市

 

その日の夜に向かったのは、シーリンナイトマーケットと呼ばれている屋台です。やはり女子旅で行く観光地といえばこの場所になります。台北に来たならば私は必ず行こうと思っていた場所ですので、とてもわくわくしながら現地に向かいました。

 

日本にあるようなお祭りの屋台とはまた違い、常に屋台が出ていますので、やはり独特の雰囲気があると感じました。私の友達も何から食べたらいいかわからないと言いながら、次から次へ屋台で買い物をしていたのが印象的です。

 

私は台湾語がしゃべるわけではありませんし、私の友達たちも現地の言葉をしゃべるわけではありませんので、商品を注文する時の会話に困ると思っていましたが、意外とすんなりと商品を注文することができました。

 

屋台には、看板がありそこを確認するとどのような屋台なのかわかります。主にお店で売っていたのは、肉類と揚げものです。私は、お肉の焼いたものをいくつか食べ、おなかいっぱいになりました。友達はそれだけでは物足りず、揚げ物を購入していましたが、途中で食べることができないといい私にくれました。

 

デザートなども並んでおり興味がそそられます。私は、マンゴーが棒に刺さったのをみつけました。

 

日本の上野でかつてパイナップルが棒に刺さったもののを食べた記憶がありましたが、まさにそれを思い出してしまいます。日本でもマンゴーの串刺しは食べることができるのでしょうか?

その日、屋台で使ったお金は日本円にすると600円ほどになります。日本で食事をするよりも安く食事をすることができたのでよかったと思います。おそらく日本国内で旅行して夜おなかいっぱい食べるとすれば1000円では済まないでしょう。物価の安さからも海外にいることを痛感していました。

台湾の温泉

 

翌日は、昼間から温泉に入ることになります。日本にはたくさんの温泉がありますが、海外で温泉に入るのは不思議な気がしました。私たちが向かったのはペイトウと呼ばれる温泉地です。

 

どのような温泉かドキドキしていましたが、日本の日光や箱根の白濁色のお湯と同じで、硫黄の匂いがします。温泉は日本でも海外でもそれほど大きな違いがないことを知りました。現地に行って初めて知ったのですが、日本でも有名な温泉旅館がなんとペイトウにもありました。

 

日本の企業がどれだけ商魂たくましいのかと、友達と感心してしまいました。

 

台湾のかき氷

 

最終日は、台北市にあるかき氷屋さんによることにします。東京でも同じようなかき氷屋さんを見たことがあると思いましたが、日本に進出していたニュースを思い出しました。

 

ただ私は日本でもその系列のかき氷を食べたことがありませんので、本場で初めてそのお店のかき氷を味わうことになります。かき氷は日本のものと違い、フルーツが上に乗っており、まるでフルーツパフェを食べているような感覚になります。

 

そこまで来てようやく気がついたのが、台湾はフルーツがとても豊富なことです。現地の人のスタイルがいいのも、もしかしたらそのおかげなのかも知れません。かき氷を食べた日は、ちょうど天気が良い日で気候も暑く、その日に食べる計画を立てておいてよかったと思いました。

 

翌日、ホテルに泊まり私たちは日本に帰ることになります。振り返ってみると、私たち3人の女子旅は食べることばかりでした。(*^-^*)ですが、日本では食べられないようなものも食べたこと、特におなかをこわすこともなかったのでよかったと思います。もし、また機会があれば是非行ってみたいと思っています。

台湾への女子旅観光レポまとめ

 

今回の反省点があるとすれば、下調べが十分でなかったことでしょう。しっかりと下調べをすればもう少し楽しい旅ができたかもしれません。台湾に行く方には緻密な下調べをおすすめします。

 

 

コメントを残す