カップヌードルミュージアム神奈川の大人の体験記と口コミ情報

 

友人の誘いもあってカップヌードルミュージアムに訪れたのは2017年の春の事でした。

 

仕事の納期が迫った時期等、急いでいる時期には料理している暇も惜しいので買い置きのカップヌードルで食事を済ます程に頻繁にカップヌードルを食べているためカップヌードルの事は熟知していると思っていました。

 


カップヌードルミュージアム神奈川体験口コミ

 

しかしいざカップヌードルミュージアムに展示されているカップヌードルのパッケージを目の当たりにすると、自分のカップヌードルに関する知識はたいしたことはなかったと実感しました。

 

私が一番印象的だったのは海外のカップヌードルのパッケージを展示している点で、こんな国にもあるのかと商品を調べてみると発展途上国のカップヌードルであったりといろんな驚きを提供してくれる場所でした。

 

カップヌードルはその手軽さもあり食に困っている国等で発展している事も多く、中には文字は読めませんでしたが個人的に食べてみたいと思うカップヌードルのパッケージがいくつかありました。

 

ちょっと辛目の味付けが好きな私は唐辛子を思わす赤いパッケージがあれば迷わずスマートフォン等で調べていたのですが、国内でもいくつか購入できるものがあったのでカップヌードルミュージアム見学後に通販で注文して食べてみました。

 

結果は海外の味付けだからとあまり期待はしていなかったのですが、思いのほか美味しく辛さも適度に調節されており醤油風味である点も良かったのか特に違和感を感じる事なく美味しくいただく事ができました

 

カップヌードル ミュージアム 感想

 

そしてこのミュージアムで胃袋よりも心を満たした設備がカップヌードルの父である安藤百福が掲げたコンセプトを展示しているシアター設備です。

 

1958年歴史的発明ともいえるチキンラーメンを開発して以降数々のカップヌードルを開発してきた安藤百福の発想力の根源等を子供にもわかりやすくショートムービーで説明しており短いながらも息をのんで観覧していていました。

 

私は発明家ではないので発想力のすごさにはついていく事ができませんが、カップヌードルが開発されたおかげであらゆる人の胃袋を満たすことに成功したばかりか災難等で救助を待っている人にも手軽に食事を配れるようになった点は現在災害が頻繁に国内で発生している点を考えると、そのすごさを改めて実感していました。

 

チキンラーメンファクトリー

 

これだけでも十分カップヌードルの素晴らしさを実感できる設備になってはいますが、神奈川にあるカップヌードルミュージアムに関してはさらにカップヌードルの事を知ってもらおうとチキンラーメンファクトリーというイベントゾーンが存在しています。

 

ここでは予約が必要ではありますが小麦粉を練るところからカップヌードルの作成を体験することができ、私もちょうど運よく予約ができたので友人と一緒にチキンラーメンの作成を体験してみました。

 

作っている時に痛感したのは食べるときはあれほど時間がかからないのに、作るのにこれほど苦労するのかという点で小麦粉を練る時思いのほか力が必要になるので早く食べたい私にとっては地獄のような作業時間でした。

 

しかしこの後にできる美味しいラーメンの事を思うとお腹の音がスタッフの方に聞こえる恥ずかしい思いを体験しても我慢できました。

 

作業工程では瞬間油熱乾燥法という方法で麺を固めるところまで作成するのですが、この方法は麺を高温の油で揚げて固めるという方法になっており、てっきり食用ののりの様な物で接着するのかと思っていた私には衝撃的な出来事でした。

 

スタッフの方の説明によると作り方としては天ぷらで揚げるのと同じような感覚で作っているため、かやくと呼ばれている具材にもある程度ころもをまぶしてからフライにかけると美味しく仕上がるそうです。

 

カップヌードルに少しざらざらの粉が付着しているのはこれが原因かと納得し、自分が頻繁に利用している食事が文明の最新技術を使った物であるのだと思い妙にハイテクな物を使っているような気分を味わう事ができました。

 

あれだけ単純な作業で食事を楽しむためにはこれだけの技術を集約している必要があるため、食事に関する考え方がまた一つ大事にするという方向性に傾いた出来事の一つでした。

 

チキンラーメンファクトリー時間

 

この体験イベントは大体1時間から1時間30分程で終わるのですが、団体行動で作成していくことになるため時間には余裕をもってイベントに参加する事をお勧めします。

 

私が参加した時にはお子さんが多かった影響からか少し予定時間オーバーしていたので、予約時に休日や長期休暇は避けるなどすると円滑にイベントに参加できるのでお勧めです。

 

ただしチキンラーメンファクトリーのイベントは人気らしく、思い通りの予約が取れない事も多いので旅行のスケジュールを変更するつもりで参加するほうが後々のスケジュールを圧迫しなくて済むのでお勧めです。

 

所要時間は長くはありますが神奈川県のカップヌードルミュージアムで体験できるチキンラーメンファクトリーは、食の大事さやそれを作るための苦労等を体感できるようになっているため、お子さんの教育にも非常にお勧めです。

 

 

コメントを残す