鯉のぼりは何歳まで飾るの?美しさを保つためのお手入れ方法は

男の子がいる家庭では五月のこどもの日が近づくと鯉のぼりや五月人形を飾るお家が多いと思います。子供が小さいときは何の疑問もなく毎年飾っていたのが、段々年齢が上がってくると「これっていつまで飾るんだろ?」と疑問が沸いてきませんか?そんなお母さんが多い様なのでちょっと調べてみました。

 

こいのぼり何歳まで飾る?

 

私が調べたところ統一した決まりはどうやらないことがわかりました。

 

昔は15歳で成人とみなされた時代があったので、その頃まで飾ったのではないかとかいうお話しもありましたが、どうもはっきりはしません。

 

もしかしたら全国統一の決まりと言うことではなく地域によって暗黙のルールみたいな物がある場合もあるかもしれません。

特に鯉のぼりなどは家の外に飾る物なので地域で何となく「何歳まで」という雰囲気ができあがっている場合もあるかもしれません。

 

ただ、基本的には個人の考えや判断で決めている家が多い様です。

 

では、いったい何歳でやめる人が多いのか?

一番多かった意見は、10歳~12歳。

 

その理由として「子供が高学年になると恥ずかしがるようになってくる」という意見が多い様です。

 

次は15歳。義務教育が終わる節目と言うこともあるのかもしれません。

後は、20歳なんてお家ももちろんありました。

 

こいのぼりや五月人形の大きさにもよると思いますが、一年に一回とはいえ、以外と手間がかかることも確かなので自分の家で決めてしまうのもふんぎりがついていいかもしれませんね。

子供に聞いてみるのもいいかもしれません。

我が家は確か10歳くらいで出さなくなったような気がします。^^;

 

いがいと知らないこいのぼりの手入れの仕方

 

20歳まででも、できるだけ長く飾りたい!そんな家庭もあると思います。

 

購入してから20年持たせると考えると、手入れに気をつかうことも必要になってきますね。

そこでこいのぼりのお手入れについても調べてみました。

 

雨の日はどうする?

 

まずは鯉のぼりの素材を調べてみて下さい。ポリエステルでできているものは雨で色落ちすることはないと言われていますがナイロンでできているものは濡れた状態で重ねるなどするとまれに色移りなどをすることがあるにで注意が必要です。

 

また、最近は酸性雨の問題も指摘されていますのでやはりできるだけ長く美しく使用するには雨が降りそうなときはしまうことが理想的とされています。

 

洗濯方法は?

 

お風呂の浴槽に中性洗剤を入れつけ置き洗いをしましょう。

 

汚れのひどいところだけを軽くもんであげます。洗濯機をつかうと口輪が壊れてしまうことがあるようで「避けて下さい」とメーカーの記述がありました。

 

また、金箔付きのものは特に注意が必要でつけ置き洗いでも金箔が浮いてしまったりします。

そして金箔部分のもみ洗いは厳禁。干すときは絞らずに水を切るだけで干すようにと言われています。

 

ドライクリーニングは?

 

金箔や口輪などがあるものは機械を使用したクリーニングは避けた方がいいです。

 

こうして見てみると、美しく長く持たせるための手入れは以外と大変ですね。

鯉のぼりはどれくらいもつの物なんでしょうか?

 

やはり、素材や使用状況によっても違ってくるようですが色あせに関して言えばナイロン素材で高度な定着処理をしたもので2~3年。ポリエステル素材で発色定着処理をしたモノは5~8年は色あせの心配はないようです。

 

そう考えると20年使用すると色あせなどはかなりあるかもしれません。10年から15年くらいもてば良い方なのかもしれませんね。

 

2017いらなくなった鯉のぼりを寄付するなら

 

では、もう飾らないから処分しようと思ったとき「さて、家庭ゴミで出す?」と考えるとちょっと抵抗感を感じる人もいるかもしれませんね。

 

最近、よく話題になる「寄付」という方法を考える人もいるかもしれないと思い2017年3月今現在寄付の募集をしている所を調べてみました。(いつ締め切るかわかりませんので直接の問合せをお願いします)

 

● 十日町市観光サイト

● 大阪市高槻市

● 秀光人形工房

● 阿蘇ミルク牧場

● 国際社会支援推進会ワールドギフト(ひな人形、5月人形も可)

まとめ

 

結局、こいのぼりをあげる年齢は個人で判断して良いということがわかりましたね。

そして、こいのぼりの手入れなどを知ることで、購入するときの選び方も何となく見えてきた気がします。

 

  •  色あせしにくい物が欲しい場合は発色定着処理されているものがより長くもつこと。逆に言えば、そう長く飾るつもりがなければ定着処理のみのものでもいい
  •  ポリステル製の方がナイロン製の物より雨に強い
  •  金箔付きは洗濯に注意が必要

 

機会があれば参考にしたいと思います。

 

wakaba

コメントを残す