種子島一人旅【5】中種子町で自転車迷走。そして聖地巡礼

さて第5回になります「あるま」です。前回は自転車に乗って雨に打たれつつも中種子町と呼ばれる地域に到着しました。それでは続きをどうぞ!

「秒速秒速5センチメートル」の聖地巡礼

「秒速秒速5センチメートル」の聖地、種子島中央高校を見た後は、ほんの少し休憩タイム。
学生が行き交うこともあってかお店がちらほらと。

近くにあったベンチがあるお店によって軽食と飲み物を購入。
…実は結構足とお尻にキていまして、どこかで休もうと思っていたのでちょうどよかったです。
多少マシになったかなといったところで再出発です。

さて次に向かうは「秒速」を見ていた方にはおなじみであろうあるコンビニに向かいます。

お店名は「アイショップ 石堂店」。

「秒速5センチメートル」では主人公たちが学校帰りに寄るおなじみの場所でしてここのお店(と目の前のベンチ)のカットが非常に多く、
また各キャラの心情などもこのお店の前で語られる重要な場所となっています。

また店員のおばあちゃんも理解していて、店内には聖地巡礼したことを記録に残せる「巡礼ノート」なるものも設置してあり、
このお店限定のちょっとしたカードも頂けます(と言っても簡易なものですが)。

巡礼ノートには私も書き残しましたので、皆さんも訪れたら是非一筆のほうを。

そして九州限定?なのかはわかりませんがこちらもおなじみの「デーリィコーヒー」を記念に購入し、何枚か写真を撮って退散します。
お店のおばあちゃんもいい人でしたし、今でもいずれまた訪れようと考えているのでまた行きたいですね。

あ、それと写真のほうなんですが何枚かは残っているのですが大半のデータをロストしてしまいまして…(´・ω・`)
今後、残っているデータの場所が出ましたら載せるつもりですが…
その分文章で頑張っていきたいと思います!

中種子町で自転車迷走

さてさて中種子町を出発し再び海側へ出て海沿いを進みます。

…が、気持ちがよいのは確かですがいよいよもってお尻が限界を迎えつつありました。
私自身運動をしていたので体力には自信があったのですが、お尻の筋肉を使う競技ではなかったので…
ここらへんで冷静になり地図を見返します。

…現在時刻(確か)14時頃、場所は岩岡と呼ばれる地域でまだ南種子にも到着せず…

 

あれ、これ無理じゃね?

 

そう答えが出るのは割とあっさりでした、どうも、あるまです。

いや、そりゃあ最初っから冷静に考えてみれば分かることだったのです。

高低差が少ないといっても平均的な島々を考えればであって、しかもただの一般人がいわゆるクロスバイクのようなものでなくただの自転車を使って、西之表市から南種子町まで約44km、宇宙センターまでだとさらに伸びてそれを往復で大体実際の走行距離は100kmにもなるでしょう。

それを一日で…いや、なんとも無謀な挑戦だったのでしょうか。
休み休み行っても一日で宿泊地まで帰ってくることは不可能でしょう。

というかそもそもお尻が痛すぎてまともに自転車にまたがっているのもつらい状態です。
「旅行」に来ていたのに何故か「苦行」を行っていた…何を言っているかわから(以下略

そうと分かれば一刻も早く引き返さなければ、そもそも現在の状態で日没までに帰れるかも微妙なところです。

実は借りた当初、取り付け型のライトがついていたのですが坂を爆速で下っているときかと思いますが、
なんと落としてしまいまして…

西之表市まで戻れば街灯がありますが、各地域を結ぶ道路には基本的には街灯はなかったと記憶しています。

さて引き返すと決めましたが、せっかくなのだから別の道を通って帰りたい。

そんなことを考えてながらとりあえず海沿い進んでいると、小さなお店が。

お腹もすいて、飲み物も切らしていたので前に自転車を止め小休止。お店に入ると夫婦とみられる方々が。
どうやら一家で営業している様子。せっかくなのでお話をいろいろ聞いてみました。

 

…と思ったら気づいたら私の話に。
どこから来たの?何をしている人なの?なんで一人なの?なぜか気づいたら質問攻めをされていました。

 

まあそりゃあ観光地としては知名度が低い種子島で、なぜか自転車で、なぜか一人で、
なぜか一週間も滞在するわけですからね、珍しさ通り越して怪しさ満点ですよ。

気づけば30分ほど話し込んでいました。
私の出身高校(ある分野でそこそこ有名)を知っていたり、お父さんのほうは元々私と同じ競技をやっていたりと、
なかなかシンパシーを感じるご夫婦でした(笑

ちょうど中心部に向かう別れ道もある場所でしたので、道を教えてもらい飲み物を持って折り返します。
なんだかんだ楽しい時間でした、また行きます!

さて今回はここまでになります。今回で皆さんに伝えたいことは、種子島で自転車はやめましょう(ゲッソリ

それではまた次回!

種子島おとこ一人旅まったり気ままな旅行記ブログ【1】はじめます。  はこちらからどうぞ

種子島の温泉で疲労回復。種子島ひとり旅3日目終了【6】  はこちらからどうぞ

コメントを残す