種子島一人旅【2】~成田からLCCで鹿児島到着!そしてフェリー乗り場へ~

 

 

こんにちは、第二回目となります、「あるま」です。前回はきっかけ、計画などについて書かせていただきました。今回から当日からのお話をさせていただきますね。前回書いたように日程は5泊6日。初日は鹿児島の港近くに宿泊し、後の5日間は種子島で過ごします。

それでは出発!

鹿児島行き成田発LCC

…したのは良いのですが、なんと初日に鹿児島県に台風がぶち当たるという事件が。

これはまずいぞ…そう考えるのには理由があります。
今回の台風は夕方からの予報でした。
出発は午前中だったので本来ならば問題はないのですが…

前回お話ししたように、今回乗った飛行機はLCC(Low Cost Career)、そもそもLCCというのは他の会社と比べて飛行機の数が少ないのです。

なので、大手と比べると1台における一日の負担と言いますか、総飛行距離はLCCの方が多かったりします。

もちろん、それは整備に手を抜いていたり等があるわけではありません。

最低限のサービス、最低限の整備、最低限の維持費など様々なことにおいてぎりぎりのラインまでサービスを落とすことにより圧倒的な安さを提供しているわけですね。

なので普通のフライトなら問題は何もありませんが…ここからがLCCのデメリットとも言えます。

何かがあった時の欠便の可能性が通常の航空会社より高いのです。
まあ当然と言えば当然の話ですが…最低限のモノで運営している以上何かイレギュラーが起きた時のリスク回避が難しいのです。

万が一ただでさえ数の少ない機体に何かがあれば、今後のフライトにも影響が出ます。
それで、大手航空会社の物差しではこの風の強さなら余裕!となっていても、LCCではこの風だと何が起きるかわからない、欠便!と、なるわけですね。

もちろん何より大切なのは搭乗者の命ですから不安要素があるなら飛ばないのが最もですが…

また、欠便になったときの振り替えの手続きもなかなか面倒だったりします。
大手だとそのままサービスカウンターにでも行けば後続の飛行機などに載せてもらうこともできますが、LCCだとそう簡単にいかないことが多いです。(そもそも1日の便すべて止まることも…)

これは会社にもよるので、ぜひ調べてみてください。
あ、ちなみに可能性が高いと言っても私が当時調べた割合だと数%高い程度なので気にしない方は気にしないかもしれませんね。

さてLCCの話が長くなってしまいましたが、ようは飛ばないかも?と不安だったわけですね。
まあ、飛んだんですけど(笑

鹿児島空港から種子島行きフェリー乗り場へ

さて鹿児島空港に到着です。

ここからは鹿児島空港から南埠頭までの道のりになりますが、なんと鹿児島空港は駅が通っていません。
沖縄ですらモノレールが通っているのに…(他にも通ってないとこあるんですかね?)ただ、その代わりにバスが多く出ています。

範囲もそれなりに広いらしく、鹿児島県内なら割とどこへでも行けるとか。県内に出るとなるとバスかタクシーになるので、金額を考えるならばバス一択でしょう。

南埠頭に近く、食事のできる場所やその他諸々あることを求めるなら鹿児島中央駅が良いですね。
当時はバスで1000円ぐらいだったと記憶しています。
当時はまだまだ若かったので、元気がある方ならここから南埠頭まで歩いて行けるかと(笑

そんなこんなで鹿児島についたわけですが、最初に述べたようにその日は台風。
駅周辺でも散策しておいしいお酒に食べ物でもと思っていたのですがあいにくその日はオ〇ジン弁当で軽い食事、コンビニで翌日の朝食を購入しその日は就寝。旅行の初日がこれでよいのかと不安になったものです…

種子島行き船乗り場にて

さて2日目になります。

私の泊まったホテルでは1階にあるコーヒーメーカーが無料で利用できたので情報収集もかねて一階でコーヒーブレイクと洒落込みます。
外をふと見てみると風で吹き飛ばされた葉っぱの数々…昨夜の台風の凄まじさを物語っています。

台風一過で晴れてはいるものの、まだまだ風が強いようで…
なんと、フェリー・高速船ともに止まっていました…高速船は午後からは出るようですが、値段とのんびりしたさにフェリーに乗ろうとしていたので1日に1本、朝にしか出ないフェリーにもう乗る手段はありません。なんてこった…

そうはいっても仕方がありません。
チェックアウトの時間もあるので昼前にホテルを出発。どうにか時間をつぶし、南埠頭に向かいます。

前述したように南埠頭までなら鹿児島中央駅付近、南埠頭方向に宿泊しているのなら全然歩ける距離ですので元気のある方は散歩がてら歩いていくのも良いかと。市電ならいづろ通、電車なら鹿児島駅が最寄りとなっています。

受付も済ませ待合室で時を待ちます…

種子島一人旅~成田から鹿児島~まとめ

が、今回はここまでですね。

二回目になって目的地である種子島に未だに到着してないという事態になっていますが
どうかお付き合いいただければと思います。

 

コメントを残す