韓流ドラマのジャンル別おすすめ作品と韓国映画厳選作品を選んでみたよ

 

実際に私が見てよかった韓流ドラマ・映画のおすすめ作品を載せていこうと思います。いい作品をみつけたら随時更新していく予定です。好みもあるとは思いますが、よかったら参考にして下さい (^^)上方に載せているものが新しい作品になります。

 

韓流・恋愛ドラマのおすすめ作品

 

シカゴタイプライター

2017年/ユ・アイン、イム・スジョン、コ・ギョンピョ

ジャンル分けはファンタジックラブコメディになっています。

 

過去と未来を行き来するストーリー。スランプに陥ったベストセラー作家ハン・セジュ(ユ・アイン)とこのお話の鍵を握っているユ・ジノ(コ・ギョンピョ)とハン・セジュの熱血ファン のチョン・ソル(イム・スジョン)との恋愛と友情のお話し。

 

韓国ドラマにありがちな最初の方は、今ひとつ。。。と思いながら見ていましたが、見ている家にストーリーにひきこまれました。音楽も好きでした。

基本、ュ・アインのファンですが、最近は以前多かったやんちゃで貧乏な(笑 キャラとは違うドラマが多くなってきて、ちょっとさみしいような。。。でも同じような役ばかりできないですよね。

 

 

イム・スジョンさんは器用な女優さんだなぁと思って見ました。私にとってはコン・ュとの映画「あなたの初恋みつけます」のイメージが強い女優さんです。

 

● 鬼<トッケビ>

 

2016年/コン・ユ、イ・ドンウク、キムゴウン、ユ・インナ

 

罪のせいなのか永遠の命を生きる武神、トッケビ(鬼)キム・シン(コン・ユ)と鬼の花嫁として生まれたウンタク(キム・ゴウン)とのラブストーリー。

 

トッケビの胸に刺ささったままの剣を抜けるのは鬼の花嫁だけ。

剣を抜けば無に帰ることができるが。。。キム・シンと、いつのまにか友となった死神(イ・ドンウク)は過去の記憶がない。

死神は過去に罪を犯したものがなるもの。そして、記憶が無いはずの死神(イ・ドンウク)の過去に深いかかわりを持つソ二(ユ・インナ)

 

コン・ユ久しぶりのドラマ主演作で大ヒットした作品。

映画でもヒットが続いてるコン・ユ。イ・ドンウクとのコンビも楽しいです。

 

● 太陽の末裔

 

2016年/ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ

 

韓国、最高視聴率41.6%記録。中国でも大ヒットしました。

軍人シジン(ソン・ジュンギ)と医師モヨン(ソン・ヘギョ)のラブストーリー。

 

軍人という命の危険と背中合わせの特殊な職務につく人との恋愛に迷いながらも惹かれ。。。久しぶりにせつなくなるラブストーリーを見た気がします。大ヒットうなずけます。

 

かなり噂されていた主演の二人ですが、本当に結婚でした。驚きです!!(^^)

● ピノキオ

 

2015年/パク・シネ、イ・ジョンソク

 

嘘をつけない“ピノキオ症候群”のイナ(パク・シネ)と無実の汚名を背負わされた父を持つハミョン(イ・ジョンソク)が社会の嘘と戦いながら記者をめざしていくお話し。

 

悲しさや苦しさを隠して明るくマイペースを装って生きるハミョンが俳優イ・ジョンソクさんのはまり役と感じました。

記者の仕事ってこんな風なのかな?と思えてしまうドラマでした。

 

● ジキルとハイドに恋した私

 

2015年/ヒョン・ビン、ハン・ジミン

 

ヒョン・ビン演じるいつも冷静沈着な韓国最大のテーマパークの常務ク・ソジン、そしてもう一つの人格ロビン。

二つ目の人格と恋に落ちるヒロイン役はハン・ジミン。

 

ヒョンビンの除隊後初ドラマで一人二役演じています。

入隊前に「シークレット・ガーデン」が大ヒットしましたが、こちらはそれを超えることはできなかったようです。。。

が、私はこちらの方が好きです。

 

● 大丈夫、愛だ

 

2014年/チョ・インソン、コン・ヒョジン

 

チ・ヘス(コン・ヒョジン)は人を癒やす職業に就きながらも自分自身も“恋愛恐怖症”と言う問題を抱えた精神科医。

ベストセラー作家のチャン・ジェヨル(チョ・インソン)と出会ったことで癒やされて行くが。。。

 

かなり衝撃的な展開でした。

私は、まずドラマを見るとき好きな俳優さんや女優さんが出ているかで選ぶことが多いのですが、このドラマのチョ・インソンさんには正直興味が無かったんです

(ファンの方ゴメンナサイ)でもドラマを見だしたらストーリーに引き込まれました。

 

● 密 会

 

2014年/キム・ヒエ、ユ・アイン

 

ユ・アイン演じる若い天才ピアニストの才能を見いだしスポットライトの当たるところへと押し上げようとする年上女性をキム・ヒエが演じています。

 

20歳も年の差があるふたりの恋愛ストーリーですがキャリアを積み上げた40代人妻の生活と心の中の閉塞感。

はまる人は、はまるでしょうね~。

このドラマは私には重かった ^^; なんか息苦しいような。。。

でも、たぶんそれだけユ・アインとキム・ヒエがよかったのかもしれません。

 

キム・ヒエさん魅力的な女優さんです。もうアラフィフなんですね。

ふたりのピアノの演奏シーンが圧巻でした。

 

● 星から来たあなた

 

2013年/チョン・ジヒョン、キム・ソヒョン

 

こちらも大ヒットドラマです。なんと宇宙人と人間の恋愛ストーリーです。

 

私的には、いつもなら見たいと思わなかったかな?と思うストーリーですが「大ヒット」という噂と「猟奇的な彼女」の女優さんチョン・ジヒョンさん出演と言うことで見ました(笑

 

さすがチョン・ジヒョン!おもしろかった。キム・ソヒョンもいい味出してました。

 

● イニョン王妃の男

 

2012年/チ・ヒョヌ、ユ・インナ

 

こちらは朝鮮時代と現在を行ったり来たりするタイムスリップものです。

 

二番手役が多いユ・インナさんがこのドラマでは主演です。

チ・ヒョヌさんとユ・インナさんのせつない演技が印象的だったんですが、現実にカップルになったそうですね (^^)

残念ながらもう別れてしまったようですが、このドラマにもいい影響が出ているのかもしれませんね。

 

● プロポーズ大作戦~Mission to Love

 

2012年/ユ・スンホ

 

山下智久さんと長沢まさみさんが出演した 日本ドラマ「プロポーズ大作戦」のリメイクドラマです。

 

私は日本のドラマも好きでしたが(サザンの曲も良かったぁ)、こちらも楽しめました。

子役出身のユ・スンホくんもお気に入りなせいかな?

 

● 優しい男

 

2012年/ソン・ジュンギ、パク・ソヨン

 

女性に尽くしすぎる男性が一転、女性に復讐していくストーリーです。

 

ソン・ジュンギさんが陰のある男性を演じています。

 

「トキメキ☆成均館スキャンダル」のソン・ジュンギさんを見た後でこのドラマを見たので役のギャップが、大きかったのですが、さすがにきれいな俳優さんなので陰のある役も普通にかっこよかった~(^^)

 

● 赤道の男

 

2012年/オム・テウン、イ・ジュニョク、イ・ヒョヌ、イム・シワン

 

男同士の友情から復讐劇へと展開していきます。ストーリー展開に引き込まれます。

● 女の香り

 

2011年/キム・ソナ、イ・ドンウク、オム・ギジュン

 

キム・ソナ演じる余命半年のヒロインが、残された時間をどう生きるか葛藤しながらも後悔の無い時間を過ごす生き方を選択していきます。

 

「サムスン」とは違う本来の美しいキム・ソナさんが素敵です。

オム・ギジュンさんも前には悪役が多かった気がするけど、最近善人役のイメージが強くなりました。とても素敵です。

 

● ロードナンバーワン

 

2010年/ キム・ハヌル、ソ・ジソプ、ユンゲサン

 

製作費130億ウォン、制作期間3年という見出しを見てうなずける映画のような迫力のドラマです。

舞台は朝鮮戦争。戦争によって離ればなれになった二人の運命と戦争の残酷さ、友情が描かれています。

 

韓国が現在も休戦状態なんだと言うことを思い知ります。

戦争は、あってはいけないものだと思うのだけど戦争映画で描かれる人たちをみると究極の友情だったり究極の愛だったりを感じて感動します。

人って結局追い込まれないとこうなれないのかなと考えてしまいます。

● シークレット・ガーデン

 

2010年/ヒョン・ビン、ハ・ジウォン

 

最高視聴率37.9%。こちらヒョン・ビンの大ヒットドラマ。

内容的には 魂が入れかわり男女が入れ替わるというかなり昔からあるパターンのストーリーですが、やはりおもしろい。

ヒョンビン演じる女役とボーイッシュなハ・ジウォンの男役がはまったと言う感じでしょうか?

韓国のオプショナルツアーで撮影地周りが組まれていました。

 

● シンデレラマン

 

2009年/クォン・サンウ、ユナ(少女時代)

 

東大門市場が出てきます。アパレル業界のお話しを背景にしたストーリー。

クォンサンウさんが双子の設定で二役を演じています。

 

少女時代のユナさんが可愛いです(^^) クォン・サンウさんって似たようなキャラのドラマが多い気がするけど、魅力的です。

 

● シティーホール

 

2009年/キム・ソナ、チャ・スンウォン

 

万年お茶くみの女子公務員ミレ(キム・ソナ)が、市長に?政治の世界のリアルなお話しに恋愛がからんでいきます。

 

チャ・スンウォンが長身で大人の魅力なのでキム・ソナとのコンビが新鮮で素敵でした。

 

キムソナさんが好きで出演しているドラマや映画はほとんど見ましたが私はキムソナさんが一番可愛らしく見える相手役はこのドラマのチャ・スンウォンさんとの組み合わせだと思っています。

 

● コーヒープリンス1号店

 

2007年/コン・ユ、ユン・ウネ、イ・ソンギュン、チェ・ジョンアン

 

コン・ユのヒット作、カフェの御曹司オーナー、チェ・ハンギョル(コン・ユ)とイケメン従業員?ウン・チャン(ユン・ウネ)との恋愛ストーリー。

チェ・ハンギョルのいとこ(イ・ソンギュン)とその彼女(チェ・ジョンアン)も複雑にからみあって。。。

 

音楽もおしゃれです。 チェ・ハンギョル(コン・ユ)のお母さん役の女優さんキム・ジャオクさんは「私の名前はキム・サムスン」でもサムスンのお母さん役を演じていました。

残念ながら病気のためお亡くなりになりましたが、バラエティ番組で見たジャオクさんはドラマの中の役のようにとっても可愛らしい女優さんで大好きでした。

 

● タルジャの春

 

2007年/チェリム、イ・ミンギ

 

仕事もそれなりに頑張ってキャリアも積んだ30代の女の子の一筋縄では進まない恋愛ドラマです。

結局たどり着いたのは年下男性との契約恋愛?

 

年下の男性相手役をイ・ミンギが演じています。時には笑えて時にはしんみりで楽しく見ました。

 

● 春のワルツ

 

2006年/ハン・ヒョジュ、ソ・ドヨン

 

韓流ドラマの王道「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督の“四季シリーズ”。

子供時代から始まる純愛ストーリー。

 

オーストリアの冬景色とピアニスト役のソ・ドヨンもぴったりはまっています。

私は、冬ソナよりこちらの方が好きなんです。「ハン・ヒョジュ」の可愛いさと景色の美しさにはまりました。

 

● 私の名前はキム・サムスン

 

2005年/キム・ソナ、ヒョン・ビン

 

韓国で高視聴率。ドラマのために体重を増やして撮影したキム・ソナの大ヒット作。

ちょっと太めの30代の女の子。クリスマスに失恋し仕事もくびに。。。でも、そこから始まる新しい出会い。

 

韓国ドラマらしい家族とのあたたかくて笑える生活も描かれていて、とっても内容が濃い楽しいドラマです。

30代女の子と御曹司の恋愛という定番シチュエーションですが、とにかく笑えて可愛いキム・ソナとかっこよくて可愛いヒョンビンの魅力がいっぱいです。

 

むすめが高校で流行って録画していて見出したのがきっかけなんですが、私はこれで韓流ドラマにはまりました(^^)

日本ではあまりないトイレシーンが衝撃的で笑いました。

 

私はこれ以上の韓流ラブコメにいまだ出会っていない気がします。

 

● 乾パン先生とこんぺいとう

 

2005年/コン・ユ、コン・ヒョジン

 

こちらも御曹司シリーズだけど女教師と問題児の青春恋愛学園ドラマ。

 

生徒同士では無く先生と生徒の恋愛ストーリーだけど、ドロドロはしていません!若いコン・ユが可愛すぎる!!

 

● サンドゥ、学校へ行こう!

 

2003年/チョン・ジフン(Rain(ピ)) /コン・ヒョジン

 

チョン・ジフン(Rain(ピ))のドラマの中で一番好きなドラマです。

なんとRainが病気の娘を育てる未婚の父です。相手役はコン・ヒョジン。

泣けるし笑えるしいいドラマです。。

 

チョン・ジフン(Rain(ピ))と言えば「フルハウス」かもしれませんが私はこちらの方が好きです。

まさかRainとキム・テヒが結婚するとは。。。あっ、関係ないですね ^^;

 

● 天国の階段

 

2003年/クォン・サンウ、チェ・ジウ、キム・テヒ

 

昭和にヒットしたドラマのような悲恋ストーリーだけどついつい引き込まれて見てしまう、継母とその娘(キム・テヒ)にいじめられる女の子(チェ・ジウ)相手役にクォン・サンウ。

 

今ではヒロイン役が多いキム・テヒが悪役を担当しています。

憎らしすぎるけどやっぱり可愛いです(笑

 

韓流・ヒューマンドラマのおすすめ作品

● ディア・マイ・フレンズ

2016年/ コ・ヒョンジョン、キム・ヘジャ、コ・ドゥシム、ナ・ムニ、ユン・ヨジョン、チョ・インソン、ダニエル・ヘニー、イ・グァンスほか
シニア世代の女友達それぞれの女性の人生を描きながら友情・親子関係・夫とのかかわりなどリアルな部分も考えさせられるドラマです。
出演の女優さん達も普段はお母さん役で有名なベテラン女優さんがたくさん出ていて50代以降の女性には特におすすめなちょっと重い、でも楽しい、そんなドラマです。娘の恋愛の話しもあるので若い人にも胸に来る場面もあると思います。
元気のあるときはこんな風に深いドラマが好きです。

● 私のおじさん

2018年/ イ・ソンギュン、IU

まじめでいい人。そんな風に生きてきた中年男性のドンフン(イ・ソンギュン)。会社内部の派閥争いや出世競争の事件にまきこまれる。そんな彼が会社の派遣社員として出会ったのは苦労ばかりで生きている少女イ・ジアン(IU)。ふたりが出会ったことで重苦しかった二人の人生が少しづつ変わっていきます。

 

あらすじを書くのが難しいと感じる内容のドラマです。かなり重くて辛くてせつないドラマでした。イ・ソンギュンさんはコン・ユくんと一緒のコーヒープリン1号店で爆発的な人気でした。主演のIUはソロの歌手ですが演技も上手ですね。

 

昭和的で重たかったけど私的には響くドラマでした。演出はミセンと同じ方だそうです。

 

 

● ミセン-未生-

 

2014年/イム・シワン

 

こちらも韓国で大ヒットした作品。棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)が大きな挫折の後、新たな道をみつけ前向きに現実社会を生きていく成長ストーリー。

 

今までの韓国ドラマとはひと味違うリアルなお話しですが、オ課長(イ・ソンミン)やキム代理(キム・デミョン)のキャラがとっても良くておもしろかったです。

若い男性には特におすすめです。

 

イム・シワンはアイドルKPOPグループの一員ですが、私的に日本のアイドル「嵐」のにのみや君のイメージとかぶります。

なぜだかわかりませんが(笑

 

チャン・グレの同期の女子アン・ヨンイ役のカン・ソラはプライベートでヒョン・ビンと交際宣言しました。

ん~ヒョンビンの彼女かぁ。。。(*^-^*)

 

● チング~愛と友情の絆~

 

2009年/ヒョン・ビン、ソ・ドヨン、キム・ミンジュン、イ・シオン

 

以前チャン・ドンゴンの主演映画で大ヒットした作品のリメイク版ドラマ。

「チング」とは韓国語で「友人」友人と言っても親友という意味に近い言葉。

釜山に住む男子高校生、親友でも、育った家庭の環境が違う4人のそれぞれの人生を描いた作品

 

途中からアクション映画になってきますが男らしい短髪ヒョン・ビンにしびれます(*^-^*)

哀しさのあるドラマだけどヒョンビンの出演作では今の所「サムスン」の次に好きな作品です。

 

韓流・アクションドラマのおすすめ作品

 

● 犬とオオカミの時間

 

2007年/イ・ジュンギ

 

韓国国家情報院(NIS)で働くイ・ジュンギ扮するスヒョン。ありがちな復讐と恋愛の板挟みストーリー。

でも、なぜかはまります。

 

● ATHENA-アテナ-

 

2010年/チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ、イ・ジア

 

イ・ビョンホン&キム・テヒの『IRIS-アイリス-』の続編。

と言っても違うドラマになっています。だましだまされのスパイ映画ですからハラハラドキドキです。

 

チャ・スンウォンさんがかっこいいけどコワイ悪役を演じています。

チョン・ウソンさんはこの作品は久しぶりのドラマ出演だったそうです。素敵でした。

● IRIS-アイリス-

 

2009年/イ・ビョンホン、チョン・ジュノ、キム・テヒ、キム・スンウ、キム・ソヨン

 

総制作費200億ウォン、韓国での最高視聴率39.9%。

国家安全局(NSS)の最高要員であるイ・ビョンホン演じるキム・ヒョンジュンとチョン・ジュノ演じるチン・サウの友情とヒロイン役キム・テヒとの恋愛、そして北朝鮮最高人民会議委員長ユン・ソンチョルの陰謀が。。。

 

こちらも、映画のような迫力でした。

韓国のアクション俳優と言ったらやはりイ・ビョンホンさんなんだと思いますが期待を裏切らない内容です。

 

キム・テヒさんの大人っぽくてクールな役が新鮮で、最初は「天国の階段」のキム・テヒさんと同じ女優さんだと気づいていませんでした。

 

韓流・医療ドラマのおすすめ作品

 

● 第3病院

 

2013年/オ・ジホ、キム・スンウ、スヨン(少女時代)

 

西洋医学と韓方医学の協力診察システムを導入した患者にとって理想的と思える国立ソハン病院の設立によって浮かび上がる医療の考え方の相違による摩擦。。。

 

西洋医学と東洋医学の協力システムと言う興味深いテーマが題材だったのでとてもおもしろく見れました。

韓方医学に興味がある方には特におすすめ。

 

● ブレイン

 

2011年/シン・ハギュン、チョン・ジニョン、チェ・ジョンウォン

 

KBS演技大賞5冠だそうです。

名誉と権力、医師としての使命?日本のドラマでもあるような医療系ドラマですが普通におもしろく見ました。

韓流・サスペンスドラマのおすすめ作品

アルハンブラ宮殿の思い出

2018年/ ヒョン・ビン、パク・シネ

ゲームのAR技術の覇権争いや新しいゲームの世界と現実世界がリンクして重なり合っていく、ちょっと怖いドラマです。その中で、ヒョン・ビンとパク・シネちゃんの恋愛ストーリーもからんでいきます。

こちらは有料動画のネットフリックスで作成されたようで、韓国のテレビでは放映スミですが日本のテレビでは2019年3月の時点ではまだ放送されていません。もしかしたら、そのうち日本のテレビで放映もあると思います。

ネットフリックスに入会している人のみ視聴可能です。

 

私は娘がたまたまネットフリックスに入っていたため見せてもらいましたがおもしろかったです。パク・シネちゃん綺麗になりましたよね。『天国の階段』では可愛い少女でした。ヒョン・ビンも演技に脂がのったというか良かったです。

動画探したんですが日本語字幕は見当たりませんでした。イメージだけでも感じてみて下さい。

 

● ナイン~9回の時間旅行~

 

2013年/イ・ジヌク、チョ・ユニ、パク・ヒョンシク

 

1本のお香を焚いている30分の間だけ過去に戻れるとしたら過去に戻ってやり直したいことがありますか?

過去と未来を行き来しながらストーリーは展開していきます。

 

このドラマで初めてイ・ジヌクさんを知って、そのイメージが強かったのですがバラエティ番組でジヌクさんをみたら、全くイメージが違いました (笑

日本の俳優さんで言うと伊藤英明さんの素に近いキャラに見えました。

韓流・ホームドラマのおすすめ作品

 

● 華麗なる遺産

 

2009年/イ・スンギ、ハン・ヒョジュ

 

悲劇のヒロインが幸せにナルまでのお話しですが、イ・スンギとハン・ヒョジュの明るいキャラのせいか暗くなりすぎず楽しく見れます。

 

このドラマは、どこのジャンルに入るのかちょっと悩みました。

ジャンルで分けようと思うとけっこう難しいです。

 

こちらは何と息子の男子高で流行ってました(笑

やはり、ハン・ヒョジュさんが男の子に人気があるのでしょうか?

 

● 金よ出てこい☆コンコン

 

2013年/ハン・ジヘ、ヨン・ジョンフン

 

ハン・ジヘが一人二役をしています。

財閥家族のドロドロと裕福ではないけれど夢を持って生きるヒロインのストーリーです。

 

ハン・ジヘさんも好きな女優さんです。

こちらもホームドラマと言っていいかわかりませんが「華麗なる遺産」と同じような感じのドラマですが夢中で見ました。

 

● 百年の遺産

 

2013/ユジン、イ・ジョンジン

 

記憶喪失、御曹司、いじめに遭う嫁なと韓国ドラマお約束的背景が揃っていますが、その中にも、あたたかいククス工場を営む家族の普通にありがちなお話しも盛り込まれストーリーが膨らんでいるので面白く見れます。

 

● 棚ぼたのあなた

 

2012/キム・ナムジュ、ユ・ジュンサン

 

最高視聴率45.3% キャリアウーマンであるキム・ナムジュ演じるチャン・ユヒが自分が思う最高の条件の結婚をしたつもりが、思いも寄らない方向へ。。。

 

自分の未来予想図とは違っていく生活にジタバタしながらも乗り越えていく泣けて笑えるホームドラマです。

 

日本のホームドラマは、ほとんど見ないけど韓国ドラマのホームドラマは一度見るとはまる面白さがあります。

 

韓国・映画のおすすめ作品のおすすめ作品

 

● サスペクト 哀しき容疑者

 

2014年/コン・ユ、パク・ヒスン

 

アクション映画 濡れ衣を着せられ追われる一方、犯人を追う脱北者チ・ドンチョル(コン・ユ)。騙されたり騙したり、カーチェイスも激しく迫力満点。

私はこの映画を映画館で見たのでスピード感に圧倒されました。ストーリーよりアクションシーンが印象強い作品で男っぽいコン・ユが素敵でした。

● カンチョリ オカンがくれた明日

 

2013/ユ・アイン、キム・ヒスク

 

病気の母親を支える青年と、認知症の無邪気な母親との絆を描いた映画。

 

やぁ~良かったです。親子の愛情を描いた作品ですがユ・アイン演じるカン・チョルが哀しいんですけどね。ベテラン女優のキム・ヒスクさんも認知症の役もさすがです。

 

いい映画でした。

 

● ワンドゥギ

 

2011/キム・ユンソク、ユ・アイン

 

ベストセラー小説が原作。

ちょっと問題ありそうだけど実はとっても生徒に愛情を持っている個性的なキム・ユンソク演じる高校教師。

複雑な家庭環境に育った問題児のユ・アイン演じる高校生が反発しながらも成長していくストーリー。

 

ユ・アインのはまり役ですね。

そして、こんな先生、昔は日本にもいた気がするけど。。。今はもういないかな?

 

韓流ドラマ・韓国映画おすすめ作品のまとめ

 

韓国でも高視聴率だったもの、そうでもなかったものいろいろ紹介してみました。

あらすじ等はあまり詳しく書いていませんが、「ピン!」と来たら見てみて下さいね。

 

これからも更新を続けますから、そのうち増えすぎたら記事を分けて作ろうと思っています(^^)

 

韓流ドラマやバラエティ、韓国映画とはまってから日本の番組はほとんど見なくなってしまいました。

なぜ韓国の番組が面白いのかは自分でもわかりませんがバラエティを見てもドラマを見ても笑ったり泣いたりしながら見ています。

 

いったい何がツボなんだろう。。?ちょっと自分の事ながら謎です (笑

 

もし、よければたまにのぞいてみてください。m(_ _)m

wakaba

コメントを残す