フラワーエッセンス・ホメオパシー・オーラソーマヒーリング体験記

私が今まで体験したフラワーエッセンスやホメオパシー、オーラソーマなどの感想を書いてみようと思います。それぞれ特徴がありますから、選択に迷っている人の参考になればいいなと思っています。

 

 

私的には今回の体験記の中で体へのアプローチを強く期待したのはホメオパシーとバーバラブレナンヒーリングで、あとはメンタル部分の回復をおもに期待して受けました。

 

フラワーエッセンス体験記

 

私がフラワーエッセンスを初めて体験したのは、セラピストの方にカウンセリングをしてフラワーエッセンスを調合してもらう物でした。

 

ん。。。正直、すごく何かの変化が生じた記憶が実はありません。

 

 

もちろん、個人差があるのかもしれないし、フラワーエッセンスが自分の状態にマッチしていなかったのかもしれませんが。。。継続するにはいたりませんでした。

 

ただ、フラワーエッセンスのプログラムで22日間、フラワーエッセンスを取り入れながら自分と向き合い、自分にとっての豊かさを実現するというものがあるんですが、それは自分自身に意識して集中できることができてやってよかったと感じました。

 

そのプログラムは、セラピストを介さずに体験することができます。

セット販売されている物の中にやり方やエッセンス等が入っていて自分自身と向き合いながら行っていく内容です。

パシフィック エッセンス アバンダンス プログラム セット (日本語訳・日本語版CD付) 日本国内正規品 【 パシフィック エッセンス アバンダンス パシフィックエッセンス フラワーエッセンス 】

価格:13,680円
(2019/4/3 12:15時点)
感想(11件)

あまり参考にならない体験記でしたね。(^_^;)

私にとってのフラワーエッセンスはサラッと通り過ぎてしまいましたが、たぶんはまって使っている方もいるのだと思います。

 

ホメオパシー体験記

 

ホメオパシーに関しては、自分のメンタルケアのためではなく、子どもの体質に悩んでためしました。

 

正式にホメオパシーを扱う医療機関での診療を予約して受診しました。

 

これも、漢方でいう回復に向かう時に現れる『瞑眩(めんげん)』のような症状として微熱が出たりしたこともあったので多少の変化は感じたはずですが。。。

 

レメディのセットを購入したにもかかわらず。。。なぜか継続しませんでした。今思い出しても、自分がよくわからないんですが(笑

 

続けていないということは我が家ではあまり変化を感じることができなかったということなんだと思います。

 

ホメオパシーはフラワーエッセンスより認知度も高く、評価もされているようなので、まずは本を読んで摂取してみてもいいかもしれません。

 

万が一、自分の状態にマッチしていなくても問題はないので試してみるのもいいかもしれません。

 

取り扱い施設に行けるようならカウンセリングをおすすめします。

 

バーバラブレナンヒーリング体験記

 

このヒーリングを受けたのは個人で活動されているヒーラーの女性で、公式サイトの名簿に載っていた方にお願いしました。

 

女性ヒーラーのご自宅に行ったのですが、アパートの外にはハーブがたくさんあって、あたりいちめん香りがただよっていて『うわ。。。スゴい』と妙に感動したのを覚えています。

 

部屋のベッドに横になると、施術がはじまりました。

 

はじめてすぐに、「この子は優しい子なの」と亡くなった祖母が言ってると言われました。(^_^;)(そんなことがわかるの??)

 

ただ、その他に何かアドバイスされた覚えもありません。

その後、手を体にかざしているように感じましたが、ピリピリとかすかな感触を感じました。

 

正直、カウンセリングをたくさんしたおぼえも無いし、マッサージ的な物も
ない。。。そして終了でした。

 

ただ、終わってバス停でバスを待っていたら何故か幸福感で胸がいっぱいになり涙が止まらなくなりました。

 

いまだに不思議な感覚でした。

 

はっきりと何か目に見える変化があったわけでも無いのに、あの感覚だけはいまだに「本物かも。。。」的な印象を持っています。

 

以前にオーラのバランスが整うと幸福感に満たされた感じがすると、どこかで見たことがあるのを思い出しました。

 

同じようなセラピーやヒーリングは色々ありますが、このバーバラ・ブレナンさんの『光の手』という本を読み科学者目線のヒーリング技術に惹かれて本気で勉強してみようかと思ったほどでした。

 

オーラソーマ体験記

 

私がオーラソーマを体験したのは、パワーストーン(天然石)を取り扱う店舗でした。自宅から近くで体験できるショップがあると知り行ってみました。

 

カラーボトルを前にひとつずつ選び、選んだ順番とボトルの意味を読み解いてもらいました。

 

家に持ち帰り、ボトルにあてはまる体の部位に塗ります。

 

すると、必ずというくらい負の感情がわき、気持ちが、とてもしんどい状態になりました。

 

1本使い終わる頃には、スッキリとした気分になっているんですが、落ち込んだときの辛さがヘビーなので、少し間を空けたくなっていました。

 

セラピストの人にお世話になったのは最初の一度きりで、あとはネットなどでカラーボトルを選び、本を買ってボトルの意味を読み自分なりに解釈して通販で買って使うようになりました。

 

はじめて使用するときは、仕事の繁忙期などを避けて連休の前などに始めることをおすすめします。

 

昔から色がとっても好きだったので、カラーボトルを目にしたときは、かなりひきつけられました。

 

自分で選んだ色のボトルには意味づけがされているのですが、そのボトルに割り当てられた体の部位が自分の問題のある部位と重なることが、かなりの頻度であり、毎度おどろきます。

 

メンタル的な解説は、占いと同じで解釈次第であてはまることはありえるかもしれませんが、それとは違いますよね!

 

ヒーリングとしては、ハードな部類のものだと思っています。

 

スピリチュアルなヒーリング・セラピー体験記まとめ

 

私が、今回体験記を書いたヒーリングやセラピーは、受け身の物が少ないのかも。。。と今ふと思いました。

 

特殊な能力があるヒーラーなどに、占いのようにアドバイスをもらうものを受けたことはありません。金額も1,000円~1万円前後のものばかりです。

 

教祖様や霊能者のような人に、ただ答えをあおぐという種類のものは意識せずとも避けてきたのかもしれません。

 

後は、私がスピリチュアル的な本を卒業したきっかけになった前世療法の体験記がまだですか、これは長くなるので次の記事で書いてみます。

 

コメントを残す