こどものプログラミングの勉強が必要な理由とその中身

2020年からすべての小学校でプログラミングが必須化されるのは、もう知っていますか?教育方針などに変更がある過渡期というのは、どうしても境界にいる年代の子どもにとっては損をしたような気持ちになる部分もありますよね。

そんなことも含め、このプログラミングの授業の意図するところや中身を書いてみようと思います。

 

 

では、このプログラミングというものをなぜ今小学校の授業に取り入れようとされているのでしょうか?

そして、小学校では、どんな形で取り入れられるのでしょうか?

子どものプログラミング教育の意味

 

今では誰もが気づいてると思いますが、社会では今、IT化が今までに無いスピード感で進んでいます。

 

そして、それに反してIT人材が圧倒的に足りない状態が続いています。

 

IT化の開発などを行うプログラマーやSE(システムエンジニア)をはじめ、ツール(道具)として必要なITの知識がある人材を含め、これからも、もっと必要な世の中になっていくでしょう。

そんな社会の変化に対応するために、小学校からプログラミングのしくみを知り、あたりまえのツール(道具)として使いこなす人材を育てるためには必然的な変化とも言えるでしょう。

 

プログラミングの勉強と小学校・中学校

 

小学校での取り入れられるのは、「プログラミング」という教科ができるわけでは無く、様々な教科の中で、その考え方や仕組みが取り入れられていく方法で行われます。

中学校では技術家庭の教科の中で学ぶ形になります。

小学校におけるプログラミング教育のねらい

① 「プログラミング的思考」を育むこと、
② プログラムの動きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術
によって支えられていることなど に気付き、コンピュータ等を活用
して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする
態度 を育むこと、

③ 各教科等での学びをより確実なものとすること
プログラミング教育に用いるプログラミング言語は、ブロックを組み上
げてプログラミングを行うような簡単なものも用意されています。プロ
グラミング教育においては、児童がおのずとプログラミング言語を覚え
たり、プログラミングの技能を習得することは考えられますが、それ自
体をねらいとしていないことを、まずは押さえておいてください。出典:文部科学省「未来の学びコンソーシアム小学校プログラミング教育必修化に向けて」パンフレット

上記のパンフレットからの引用で、プログラマーを育てるための教育では無く、プログラミング的思考を身に付けること。そして社会の中で様々なところで使用されているコンピュータの活用方法の知識を目的としていることがわかりますよね。

 

子どもの習い事としてのプログラミングスクール?

 

最近では習い事としてのプログラミングが注目を集めていますね。

 

親が子どもの適性を見て可能性を感じてプログラミングの習い事を始める家庭

も少しづつ増えてきている様です。

 

今後、小学校や中学校で授業の中で学習する機会が増えると適性を感じて始める子や、学校での学習を補うために通い出す子も増えてきそうです。

 

最近のプログラミングスクールの月謝は週1回で6,000~12,000円。中々の金額ですね。

プログラミングが好きだからという理由で通うなら、まぁ、妥当かもしれませんが、学校の学習の補修的にプラスの習い事として増やすには結構な負担になってきそうです ^^;

 

こどものプログラミングの勉強とその中身まとめ

 

して、ちょっと気になるのは学校の教育内容が変更になるときにちょうどドンピシャで学年がはまる子は問題ないのですが、どうしても途中の学年から変更になる子は損をする感がいなめません。

 

そういった意味では、ちょっと親の方でも気にかけてあげた方がいいかもしれませんね。

 

最近、よく言われていたゆとり世代なんて、大人が勝手に決めて実行されて、また戻されて大人になったら「ゆとりだから。。。」なんて言われたりして、ちょっとかわいそうです。

 

はい。我が家の子どもはゆとり世代です。最初に掲げられたゆとり教育の目標は、とてもすばらしい物だったんですが、方法が良くなかったのでしょう。

 

新しい英語教育とプログラミングの授業はぜひ成功して欲しいと思っています。

 

次に好奇心からオンラインのプログラミングスクールの無料体験をしてみたのでそのレポをしてみたいと思っています。

 

次の記事はこちら ⇒ 子供のためのプログラミングオンラインスクールを体験してみた

 

コメントを残す