母乳に食事の影響はないのか?乳腺炎をふせぐためにおすすめなコト

母乳に食事の関係と影響はあるのかないのか?食事の制限は、いろいろ言われているけど実行するのはなかなか辛い物ですよね。そして心配な乳腺炎を予防するためにしておくといいことを紹介してみます。

 

 

 

乳腺炎はこじれてからでは病院のお世話にならなくてはいけなくなります。炎症を起こす前に自分でできる予防をしておきましょう。

 

母乳と食事の関係と影響は?

 

母乳育児支援をしている団体によって食事に関する指導が違うのが現状のようですが、母乳の味や質には、やはり関係性や影響はあるようです。

 

ただ、その食品はどうやら人によって違いもあるようなんです。

 

たとえば、乳腺炎などは日本のお母さんに多く欧米人のママはあまり乳腺炎にはならないそうです。

かといって欧米人の食事はもちろん和食ではないのでただ単純に和食を食べればいいというわけでは無いようです。

 

なぜなら欧米の人には欧米の人の食文化があって体質もそのように対応していると考えられます。

それを考えるとやはり日本人の食文化の流れとして私たちには和食があう体質になっているんですね。

 

母乳の味の違い

 

母乳の味が人によって違うことは知っていますか?

私は友人の話で驚いた経験があります。

 

友人は女二人兄弟で、同じ時期に子供を生み二人とも母乳育児をしていました。

あるとき搾乳した妹の母乳をなめてみて驚いたそうです。
すると妹の母乳はほんのり甘く自分の母乳よりあきらかにおいしかったそうなんです。

 

こうした母乳の味は食べ物で変るという研究論文はないそうですが母乳はママの血液でできていますから食べ物で血中成分が変ることを考えるとやはり食べ物の内容である程度味が変ると言うことが言えそうです。

 

栄養バランスのいい食事でママの血液が良質ならば質の良い母乳が作られるのはあたりまえだと考えられるのではないでしょうか?

 

まぁ味がいいから栄養価も高いというわけでは無いと思いますが。。。^^;

 

母乳にいい食べ物

 

  •  根菜類
  •  お米
  •  あずき
  •  大豆食品
  •  海藻類

 

オススメはお味噌汁やスープです。

色々な野菜を切って煮込むだけで簡単に栄養をとることができておまけに体を温めてくれます。

1度作っておけば温め直して毎食でも食べられるし手間が省けます。

 

昼食にご飯を入れておじやもいいし、うどんや素麺を入れてもいいですね。
とは、いえ同じ食品ばかり多くとるのも良くないし飽きるので韓国風スープにてみたり、トマト味にしてリゾットにしてみるとかちょっとアレンジするだけで手軽に栄養をとることができます。

 

乳腺炎の予防はしこりが軽いうちに

 

乳腺炎は乳線の炎症です。本格的な乳腺炎になってしまうと簡単ではないけれど、おっぱいにしこりができたその時に対処することで防げることもあります。

 

初期症状はしこりから始まることが多いので乳線が完全に詰まって母乳が出なくなる前に気づいたらすぐに対処するようにしましょう。

 

乳腺炎は乳線の炎症です。本格的な乳腺炎になってしまうと簡単ではないけれど、おっぱいにしこりができたその時に対処することで防げることもあります。

 

初期症状はしこりから始まることが多いので乳線が完全に詰まって母乳が出なくなる前に気づいたらすぐに対処するようにしましょう。

 

しこりの部分は手のひらの大きな部分で圧迫しながら授乳することは可能です。
もんだりしごいたりは駄目です炎症が悪化する場合があります。

 

夜中もしっかり飲ませてみましょう。頑張っても飲んでもらえなかったときは搾乳です。

 

私もしこりはおぼえがありますが、痛みでは無くかゆみを感じる段階でした。
指でしこりの部分を押しながらのませていましたが血液循環が良くなるような感触がしてしこりがやわらかくなり無くなる実感がありました。
このくらいの段階で対応すると炎症までいかずにおさまってしまうのだと思います。

 

それとしこりが出来やすい人に冷え性の人が多いそうです。血液循環が悪くなる状態はよくありません。

 

そのために体を温める効果のあるお茶などが薦められていますよね。
水分補給には冷たい飲み物では無くできるだけあたたかい物を取り入れると体の冷えをふせぐことができます。

 

乳腺炎の予防は食事だけじゃない

 

私も実は冷え性です。

体を温める方法や肩こり予防の方法も載せてみます。

 

・体を温める入浴のすすめ

 

入浴ですよ。最近はシャワーで済ませてしまうことが多くないですか?
特に赤ちゃんが小さい内はベビーバスなどでお風呂に入れることが多くてママはシャワーで済ませていませんか?

 

ママひとりで赤ちゃんを入浴させている場合は赤ちゃんが寝ているときにシャワーをあびて体を洗ってその後で赤ちゃんと一緒に家庭のお風呂に入りましょう。

 

まず、タオルでできたバスロープを用意します。赤ちゃんとお風呂にはいって出るときは赤ちゃんを先にバスタオルでくるみ部屋に寝かせます。

 

この時は、ママは裸のままになりますが、それは赤ちゃんと二人ならいいでしょう?

くれぐれもカーテンはお忘れなく(*^_^*)

 

濡れた足ですべらないように足はよく拭いて下さいね。

赤ちゃんを寝かせたらすばやくバスロープを来て赤ちゃんの身支度を済ませます。
それからママも着替えて下さい。

 

赤ちゃんを抱っこしてお風呂に一緒に入るのは赤ちゃんもママも幸せを感じます。
いつもシャワーの人は是非入浴をオススメします。

 

・肩こりと冷え性

 

それから肩こりがひどい人も冷え性の人には多いと思います。
私も半端ない肩こり症です。

 

肩こりがひどいママにはヨガがオススメです。

スマホのアプリでヨガのアプリがあるのを知っていますか?

 

私は有料のものをインストールしましたが、なかなかいいです。
ポーズを覚えるまでは、ちょっと動画を止めたりして面倒だけど覚えてくると流れに乗ってできますから

 

赤ちゃんが寝ている時などにリラックス効果もあるのでいいですよ。
続けると肩こりや腰痛がらくになってきます。おすすめします。

 

肩こり・腰痛にはストレッチポール

 

私は40肩の時に使用しました(笑 肩こりがひどい私が一番効果を感じた物なのでおすすめです。スポーツクラブにも置いてありました。

 

脇の下にポールを当ててする動作は、かなりいいです。血液循環が良くなるのがわかりました。ポール自体の価格もそれほど高くないしオススメです。

 

動画をみつけたのでお借りしてきました。

 

 

⇒ ストレッチポール【楽天】

母乳の食事の影響と乳腺炎予防まとめ

 

母乳の味や栄養のためだけでは無く乳腺炎の予防のためにも母乳指導の中には厳しい食事管理を求められる場合も少なくないですよね。

それを徹底できる人は理想的です。

 

ただ、それがストレスになって母乳の出が悪くなったり母乳育児をあきらめるのは、もったいないと思います。

 

普段はバランスを考えた和食をベースにしたうえでたまには食べたいモノを食べたって急激に悪い状態になることはないでしょう。自分の母乳の状態に気をつけながらコントロールしてみることをおすすめします。

 

私の好きな母乳指導の助産士さんは、おおらかな方で体の健康と心の健康、両方のバランスは大切だと教えられました。

 

体を温めるための入浴やヨガ、ストレッチなどは肩こり予防になるだけで無くリラックス効果もありますよね。

私はかなりマッサージなどにも通った経験がありますが、そんな経験から気づいたことは「気持ちの良いことは体にいいということ」気分転換と冷え予防の一石二鳥の方法をぜひ試してみて下さいね。

コメントを残す