インフルエンザ予防に有効なマスクの種類とおすすめ通販を紹介してみる

インフルエンザを予防するのに、まずマスク?と言うときに本当のところどんなマスクをするのが有効なのか?気になったりしますよね。通販で買えるおすすめのマスクの種類を紹介してみます。

 

 

インフルエンザ予防にマスクは有効か?

 

インフルエンザの感染は実は空気中にただよっているウイルスからの感染はあまり心配する必要がありません。

一般的な感染の原因はインフルエンザに感染している人の咳やくしゃみなどで放出されたウイルスを吸い込んでしまう事による飛沫感染が一番多いと言われています。

 

そして、マスクとインフルエンザの関係的には、湿度によ弱いウイルスに対してのどや鼻などのマスクによって湿度を保つことまずはそこに一番の効果があるんです。

 

そして、マスクの外からのウイルスの侵入を防ぐには、マスクと自分の肌の間に、すきまがないこと。昔からあるガーゼのマスクのように生地を織り込んだ物ではウイルスはすり抜けてしまうので不織布で作られたマスクを使うことが必要になります。

 

ウイルスはとても小さいけれど、唾液など水分と一緒に飛んでくるウイルスには※5マイクロメートル(5μm)を防げる不織布で有効と言うことです。

私はコレを知って今度から表示を確認しようと思いました。

※マイクロメートルは赤外線の波長程度の長さである。
ナノメートル ≪ マイクロメートル ≪ ミリメートル 出典:ウィキペディア

 

ただし他人から顔に向けて咳やくしゃみを浴びる事は少ないので、実際の所感染予防としては、有効性は低めとも言えるようですが、もちろん、上に書いたように、のどや鼻の乾燥予防も有効なので、使った方がいいと言うことですよね。

 

そして、インフルエンザをうつされないようにマスクをつけると言うより、インフルエンザウイルスを持っている人がウイルスをまき散らさないためにする方がより有効ということになります。

 

家族で患者が出た場合は、患者本人が家の中でマスクをつけた方が感染予防になるということですね。

 

インフルエンザ予防のためのマスクの種類

 

では、インフルエンザ予防のためにつけるマスクはどんな物がいいかを紹介してみます。

 

1. サージカルマスク(不燃布・使い捨て)

こちらは、一番手軽ですが、インフルエンザウイルスにかからないようにすると言うよりは、インフルエンザウイルスをまき散らさないようにする効果の方が高いと言われている物です。

 

そして、※5マイクロメートル(5μm)を防げる不織布を使用している物がいいと言うことになりますね。

 

2. N95マスク

医療現場で使われているマスクでアメリカの労働安全衛生研究所の基準を満たしている物でウイルスのマスク内への侵入をふせぐのに高い確率のある物です。

 

ただ、気密性が高いので見た目的には街では使いずらそうですが。。。

 

 

3.ダチョウ抗体マスク®

話題になったマスクで、ウイルスに結合してカットする”ダチョウ抗体フィルター”を組み込んだ不織布製マスクです。

この”ダチョウ抗体フィルター”はウイルスの表面を”抗体”が覆ってしまうので、よりリスクが低減するといわれてます。 Aソ連型・A香港型・B型)に加え、新型インフルエンザ(A/H1N1)、鳥インフルエンザ(H5N1) 、鳥インフルエンザ(H7N9) に対して結合する抗体が数100兆個以上、敷き詰められています。

詳しくは⇒  ダチョウ力.COM

 

今まで、気になりながらもきちんと理解していなかったのですが、これからマスクを買う時には、ちょっと考えて買おうと思いました。

 

インフルエンザ予防のためのマスク通販は?

 

ある程度のマスクを家庭にストックしておきたいと思う人は多いですよね。上で紹介したマスクの通販のリンクを貼っておきます。

急にマスクがほしくなったのに売り切れ続出なんてこともありましたよね。

 

    

インフルエンザ予防に有効なマスクの種類とおすすめ通販まとめ

 

思っていたよりマスクのインフルエンザ予防率は高いわけではありませんでしたが、受験生やお年寄り、インフルエンザが重症化しやすい疾患がある人などは、できる限りの予防をしたいと思うものですよね。

 

そしてマスクを利用するなら、効率の良いマスクを使用しないと期待できる効果がさらに低くなってしまうので、目的にあったものを使用しようと感じました。

コメントを残す