インフルエンザの予防をたすけるアロマ~エッセンシャルオイル~の選び方

インフルエンザ予防にいいと言われているエッセンシャルオイル(精油)の種類をご紹介します。少しでもインフルエンザを遠ざけるためのたすけになるなら、こんなに気持ちのよい方法は他にないですよね。

 

 

インフルエンザの予防をたすけるアロマ

 

数あるアロマオイルの中から、特にインフルエンザの予防を助けると思われるものをのせてみます。

 

・ユーカリ・グロブルス

 

オーストラリア先住民(アボリジニ)は傷を癒すのに葉を利用した。葉から取れる精油は殺菌作用や抗炎症作用、鎮痛・鎮静作用があるとされ、医薬品やアロマテラピーなどに用いられる。また、健康茶等にも利用される。 Wikipediaより引用

 

心への作用   : 意欲的な気分になる

          集中力や記憶力をたすける

相性のいい精油 : レモン・ラベンダー・ユーカリ

ティートゥリー

 

伝統医学への関心の高まりと、副作用が比較的少ないことから、近代的な医療からも注目が再燃した。精油には抗炎症作用、抗ウイルス作用などが認められる。  Wikipediaより引用

 

注意すること  : 妊娠中は使用しないでください。
          皮膚刺激の可能性があるため

          敏感肌の人は注意して下さい。

相性のいい精油 : ペパーミント・オレンジスイート・

          マンダリン・レモン・ユーカリ

心への作用   : リフレッシュ効果

          集中力や記憶力をたすける

 

・カユプテ

 

抗菌、抗ウイルス作用に優れている。

 

注意すること : 妊娠中、授乳中の使用はさけましょう。

         皮膚刺激の可能性があるので使用量と

         肌に直接触れないよう注意しましょう。

 

心への作用   : リフレッシュ効果

          意欲的な気分になる

 

性のいい精油 : ベルガモット・レモン・ラベンダー

 

 

インフルエンザの予防をたすけるアロマブレンドは?

 

 

ユーカリ・グロブルス+レモン+ティートゥリー

 

※レモン・・・リフレッシュ効果

       集中力をたすける

       体の暖めをたすける

 

勉強や仕事中、朝などに向いています。

 

 

カユプテ+ラベンダー+ユーカリ・グロブルス

 

※ラベンダー・・・自立神経のバランス調整をたすける

         リラックス

         安眠をたすける

 

お休み前のリラックスタイムにはこちらが良いですね。

 

 

エッセンシャルオイルの選び方は?

 

 

エッセンシャルオイル(精油)と一口に行っても、販売されている物は価格がいろいろです。

 

こちらは専門店での購入が必須とも言えます。

 

専門店以外の雑貨店で販売されている安価な物は危険です。

 

ただ香りを楽しむだけの添加物が多いものが出回っていることも多いので注意が必要です。

 

本来、精油には多量の植物が必要になるため安価で販売できるわけもありませんからこれは忘れずに購入して使用して下さい。

 

インフルエンザの予防をたすけるエッセンシャルオイルの種類まとめ

 

エッセンシャルオイルの成分は成分濃度がかなり高くなっているので扱いや分量、使用方法には注意が必要です。

 

精油の種類ごとの注意点を守って安全に利用して下さい。

 

コメントを残す