東海の冬の絶景・冬旅におすすめな~岐阜・三重・長野・福井~

冬ならではの絶景を見に行くならどこがいいか?東海地区で探してみると、岐阜・三重・長野・福井がいいことがわかりました。冬の美しさは、やはり雪景色、そして空気が澄んでいることからライトアップもひときわ美しく見えます。いろいろある中から人気がある絶景スポットを紹介してみますね。なかなか良い写真がみつからなかったのでツイッターからお借りしてきました。

 

岐阜の冬の絶景スポット

 

・新穂高 ロープウェイ

見頃:1月上旬~3月頃

日本ではここだけの2階建てのロープウェイ。往復ロープウェィに乗車できるんですね!

冬山のロープウェイってスキー場のイメージで上りしか無いのかと勝手に思い込んでました。^^;

これならスキーをしなくても雪景色を満喫できますね。一番高いところに行くにはロープウェイを乗り継ぎます。

 

新穂高温泉駅⇒第一ロープウェイ⇒鍋平高原駅⇒徒歩1分⇒しらかば平駅⇒第二ロープウェイ⇒西穂高口駅(山頂展望台)

 

新穂高温泉駅、鍋平高原駅には温泉足湯、鍋平高原駅・しらかば平駅にある鍋平高原には露天風呂もあります。

 

 

・タルマかねこおりライトアップ

 

見頃:12月下旬~2月下旬

 

新平湯温泉 親水公園(たるまの滝一帯)で行われるライトアップイベント。

氷結した青い『たるまの滝』とオブジェが夜にはライトアップされ昼間の美しさとはひと味違う景色が広がります。

1月中旬から下旬には良縁祈願の絵馬市や氷のバーなど特別イベントもあります

 

・飛騨の里

 

見頃:1月上旬~2月下旬

 

合掌作りなどの古民家で伝統行事を体験できる施設で雪が積もった景色は日本の昔話の絵本の世界に入り込んだみたいです。

 

 

・氷点下の森 氷祭り

 

見頃:12月下旬~3月下旬

 

氷点下10度まで下がる秋神温泉の恒例行事になった冬のイベント。

毎年2月の第2土曜日には氷祭りが開催され、地域の伝統芸能やコンサート、バザー、凍るシャボン玉、花火大会などが行われます。

温泉の泉質は 純土類炭酸鉄泉で 腰痛・神経痛・冷え性・関節痛などに有効とされています。

 

 

長野の冬の絶景スポット

 

・木曽郡 白川氷柱群(木曽氷祭り)

 

見頃:1月中旬~2月下旬

 

木曽御嶽山麓の崖上や壁面から染み出した地下水が凍った自然の氷柱。

昼間も美しいがライトアップされた姿も一見の価値あり。

 

・おおまち雪祭り

 

見頃:11月下旬~3月頃

 

たいこ、花火、キャンドル、かまくらと企画ももりだくさんの冬のイベント、夜の雪景色を堪能できるイベント。

大町温泉はアルカリ性単純泉、リウマチ、神経痛などに良いとされています。

 

 

・駒ヶ岳ロープウェイ

 

見頃:11下旬~4月下旬

 

冬は晴天率が高く、山では樹氷やダイヤモンドダストが見れることも。

ロープウェイで行く標高2,612mの千畳敷駅にはホテルが有り宿泊すると星空鑑賞や日の出の様子を見ることもできます。

 

 

三重の冬の絶景スポット

 

・御在所ロープウェイ

 

見頃:1月下旬~2月下旬

 

スキーやスノーボードをしなくてもロープウェィで往復して樹氷や雪景色を楽しめます。

 

福井の冬の絶景スポット

 

・越前町 波の花

 

見頃:1月上旬~2月下旬

 

福井県丹生郡越前町越前海岸の越前岬周辺で風の強い日に,波が岩礁にぶつかり泡となって風で舞います。

 

東海の冬の絶景まとめ

 

日本には幸せなことに四季があるので同じ場所でも季節によって違う見所があります。

寒い冬ならではの美しさも感じたいと思いますよね。

今回はざっと紹介してみましたが、また、少しづつそれぞれの地区の周辺観光も更新していこうと思います。

 

コメントを残す