韓国旅行記女子ふたり旅(4)東大門でのエステ初体験と予定外の買い物

ホテルの部屋でリラックスしながら夕食を終えてお腹も満たされ、1時間ほど爆睡。エステ第1弾は東大門、予約時間はは23:00から120分コース。ホテルのシャトルバスでむかいます。

韓国・東大門でのエステ体験

 

東大門で予約したエステはハローAPMにある「柔精 手の香り」。

 

むすめは「皇后アクアST水光ピーリング (120分)」私は「秘方NINJA肌再生ケア(120分)」

 

エステ選びはかなり悩みました。結局2カ所選んだわけですが、ホントはヨモギ蒸しも受けたくて何とか組み込もうかと思いましたが、行きたい町も多かったので今回はあきらめました。

 

今思うと、韓国到着日の夜に入れても良かったかなと思っています。

 

そんなわけで悩みに悩んで決めたエステ第一弾。

 

ふたりともエステは初体験です。

ボディのリンパマッサージや指圧、リフレクソラジーなどはかなりいろいろ行っていますが顔の美容目的のマッサージ等は初めてだったので、効果を期待して選びました。

 

 

入り口に着くと、オリエンタルで懐かしい雰囲気です。

少し時間より早く着いたので、ソファがある部屋で漢方茶を飲みながら待たせてくれました。

なぜか安心感を感じるIKKOさんのサインも飾ってあります。

 

待っている間にトイレに行きたくなり、「ファジャンシル ガ オディエヨ?」(トイレはどこですか?)と声をかけました。お茶を出してくれた方は日本語は話さない様だったので、頑張りました(笑 これは覚えておいた方がいいです。

「アァ!ファジャンシル」と言いながら手を引いて教えてくれました。

韓国の同年代の人は、手をつないで引っ張って教えてくれます。明洞のコスメショップで聞いたときも手をつないで連れてってくれました。

日本人は初対面の人とのスキンシップは、ふだんほとんどすることはないけれど、こんな仕草にあたたかい気持ちになります。

 

無事トイレもすましていよいよ時間になりました。

ショーツに子供が水泳の時に使う上にゴムが入ったバスタオルを体に巻いて、暖かいベットに横になります。

 

まずはボディのマッサージです。マッサージはかなり強かったです。

たぶん私の施術をしてくれた方は店長さんだと思われます。同年代らしい感じの方でした。

 

この方は日本語が通じました。私は半端ではない肩こりで強いマッサージが好きなのでとっても嬉しかったのですが、強いのが苦手な人は、弱くしてもらうといいと思います。

 

カーテンを挟んだ所で施術を受けていた方が(たぶん日本人ではない)マッサージ中に、笑えるほど悩ましい声をあげていてかなり驚きました。(@_@)

 

私が受けた「秘方NINJA肌再生ケア」は「NEXGEN社」という所の化粧品を使用した物でたんぱく質を主成分にしているようです。帰国してから調べたところ徹底して「無添加」を追求している製品で保存料も使用していないため一回分づつの個包装になっていて一般で入手するのは簡単ではなさそうでした。ちょっと使ってみたい化粧品のひとつです。

 

そしてこの施術で使用されたのが「海草由来の微細な鍼(はり)」で、プチプチと肌に刺さって、ちょっといたくて不安になりましたが、大丈夫でした。皮膚に入って数時間たつと溶けてしまうそうです。

それが溶けるまでは肌がピリピリします。

針がイヤな人は他のコースをオススメします。

 

大満足な120分のエステ体験でした。私たちは帰りはシャトルバスであっという間にホテル到着です。

タクシーで帰る場合は頼むと呼んでもらえるようです。

 

行く予定じゃなかった土産店

 

翌日は前日より早く起きてホテルで朝食をとりカロスキルに行く予定でした。

この日もいいお天気でした。

 

今日の移動はタクシーです。

 

韓国の普通のタクシーは安いので料金的には利用しやすいのですが、日本のタクシーのサービスは期待できません。それは覚悟しておいた方がいいです。

ホテルの玄関前にいるベルボーイ(?)の方に行き先を言うと待機しているタクシーの運転手さんに行き先を言ってくれます。

 

この日のタクシーの運転手さんは日本が堪能な人でした。ずっと話しかけられてすっかりリラックスしていました。

そして「安いところがあるから教えてあげる」という言葉にまんまとのってしまいました。(笑

 

バリ島に行くためにリサーチしているときも、タクシーに乗ると同様のアプローチがあったりするから断るときはきっぱりと。。。なんて体験談を見ていたのに、あっさりのってしまいました。(>_<)

 

日本語で話しかけられるつい嬉しくなっちゃうんですよ。でも、日本語が堪能イコール商売上手と思った方がいいです。

 

連れて行かれたところは、お土産屋さんでした。「あ~やっちゃった。。。」そう思いながら店の中へ、もうこうなったら最後に買うつもりだった食品でも買ってしまおうと腹をくくりました。

 

結局、ごま油・のりの佃煮・たこのキムチ・真珠クリーム(化粧品)・エナメル財布・シートパック購入です。荷物は簡易型のカートに入れてホテルに届けてくれました。

 

そして時間は消費され、けっきょく狎鴎亭で降ろしてもらいました。

 

まとめ

 

予定になかったお土産屋さんに行くことになりましたがいいこともありました。

 

お土産屋さんに行く途中「私の名前はキム・サムスン」のドラマのエンディングシーンのロケ地の階段の前を通り運転手さんが教えてくれました。

 

実は私の韓流ドラマ好きは、このドラマにはまってからなので「ロケ地周りツアー」も最初は考えていました(*^-^*)でも、むすめに「ええ~っ!!」と言われ断念していたので、ちょっと嬉しかったのでした。

 

ただ、帰国日より早く食品を買ったので無事ホテルに届けてはくれましたが傷まないかが心配でした。

 

結局問題はありませんでしたが。。。

基本的にキムチ類は保存食なので大丈夫だろうと思いつつも不安だったのでやはり帰国日か帰国前日の購入をオススメします。

 

東大門のエステ「柔精 手の香り」はスポーツマッサージもあるので夫婦で行けそうです。

 

次は「清潭洞エステ」へ続きます。(^^)

 

wakaba

コメントを残す